みずほ銀行カードローンはネット経由で申し込む!

みずほ銀行のカードローンを申し込む場合、わざわざ銀行窓口に行く必要はなく、ウェブサイトを経由して申し込むことが可能です。しかも、最短で即日審査ということもあるので、審査が厳しいとされる銀行系にしてはかなりフットワークが軽いようです。

 

基本的にみずほ銀行カードローンの場合は口座を持っている人と持っていない人で申し込むフォームが若干違うのですが、方法は大体同じです。申し込みボタンを押して、あとはフォームに従って申込書を書き進めていけばいいだけです。

 

みずほ銀行のカードローンではキャッシュカードとカードローン用カードを兼用にするか、別々にするかを選択しますが、口座が元々ある人は兼用カードが基本になります。分けたい場合は口座を持っていないことにして申し込んでください。そうすると専用カードを選択できるようになります。

 

申し込みが終わると審査です。みずほ銀行と保証会社が申し込みフォームと信用調査機関の情報と共に審査します。そして、結果が出たらメールで通知されます。この際に金利が関係するコンフォートプランかエグゼクティブプランかも発表されます。

 

しかし、これだけではまだカードローンで融資を受ける段階には来ていません。契約の流れはまだ終盤に差しかかったばかりです。

 

カードローンに必要な書類を提出する!

 

みずほ銀行のカードローン申し込み時には、本人確認や収入証明書などの書類が必要になります。ただし、200万円までの利用限度額を希望するときに限り、口座がある上にみずほダイレクト利用者だと収入証明は免除です。

 

これらの書類をスムーズに提出できればさらに素早く借り入れをすることが可能になります。あらかじめ書類は用意しておくようにしましょう。必要書類の送信先というのは審査結果のメールに載っていますので、そこに送ります。

 

もしみずほ銀行の口座がなければ同時発送で郵送されてくる契約書類を確認後に記入したものを返送します。このときに本人確認の書類なども送りましょう。この場合に、もしもっと急いで完了させたかったら、最寄りのみずほ銀行支店まで書類を持っていけば受理されます。

 

これで再度メールの通知が来たら、契約完了です。キャッシュカード兼用型で申し込んだ人はATMなどですぐに融資を受けることができるようになっています。借り入れや返済は長期的で計画的な返済計画を立てるべきです。融資を受けるのは簡単です。

 

しかし、返済は意外にも困難なものです。無理のない返済計画を立てて、その計画にしっかり従って返済を続けるようにするべきです。返済を急ぐあまりに「これくらいなら払えるだろう」と思っていても返済中に事故や病気になったり、会社が倒産したり、予期せぬ出来事が起こることだってありえます。

 

計画はいつも余裕を持ったものにしておくことがコツです。こういった返済の計画も含めてが契約の流れです。みずほ銀行のカードローンを賢く利用して、生活を豊かなものにしてください。