審査に通過する条件は公開されていない!

評判のいいみずほ銀行カードローンも当然ながら無条件で借り入れができるわけではなく、必ず審査を通過しなければなりません。昨今のカードローンはだいぶ審査が緩くなってきたとも言われますが、やはりみずほは銀行系のカードローンです。

 

審査はまだまだ厳しいとされています。だからこそ、限度額が最大で1000万円という大きな金額になるということもあります。これだけの限度額はかなり魅力ですね。では、みずほ銀行のカードローン審査にはどのようにすれば通過できるのでしょうか。

 

もし裏技など、必勝法があればそれを使いたいですよね。しかし、残念なことにそういった裏技は存在しません。そもそもみずほ銀行が定めているカードローン審査の基準は公開されていません。なので、よくあるカードローンの条件を最低限はクリアしている必要はあるかと思います。

 

審査時に記入する項目からもわかる、最低限の審査項目と注意したい点は次の通りと見ています。まずは年収です。借りる以上返済しなければいけません。なので、審査では本当に返済する能力があるのかを確認されます。その基準として年収がどれくらいあるかをチェックされるかと思います。

 

逆に言えば、年収がある程度ありさえすれば審査は通過しやすいと言えるでしょう。そういう意味では勤め先にどれくらいいるかの勤続年数も多少重要になるかもしれません。それからほかのローン残高です。いくら年収が高くても、借り入れが多すぎるとローン審査には通りません。

 

これはカードローンに限らず、ですね。現在は借り入れの総額が年収に対して規定されている総量規制があります。記入用紙にウソを書けばいい? こういった情報は金融業者が共通して利用している調査会社に記録されているので、ウソはすぐにバレてしまいます。とはいっても、ローン残高があっても審査に通ることもあるので、あとは祈るだけです。

 

みずほ銀行カードローンは本当に即日審査が可能なのか

 

みずほ銀行カードローンの審査は最短で即日審査になっています。借りたいそのときに融資を受けられるというわけです。ただ、これには厳しい条件があります。

 

誰でも簡単に即日審査で融資を受けられるわけではありません。この即日審査通過の条件も公開されていないのでわかりませんが、最低限の条件は簡単なもので明確になっています。

 

  • みずほ銀行の口座を持っていること
  • みずほダイレクトの利用者であること

 

このふたつは最低限必要です。というのは、このふたつの条件が揃っていれば借入限度額が200万円までは収入証明が不要だからです。つまり書類審査が簡素化されるので、よりスピードがアップするというわけです。

 

ほかにも審査時に信用情報が確認されるので、これまでの信用履歴をクリーンにしておく必要もあります。この情報は信用情報機関が持っており、金融関連会社各社は審査の際にその人物の問い合わせをします。

 

この機関は数社あり、会社によって記録の保存期間が違うのですが、数年間は間違いなく記録が残りますから、信用情報をきれいな状態に保っていれば、審査も早くなって即日審査が完了する可能性が高まります。

 

いずれにせよ、みずほ銀行カードローンはweb完結で申し込みができるので、審査はとても早いです。早くお金を手に入れたい方には便利なものになっています。