パソコンからの申し込みだけで来店不要

みずほ銀行のカードローン申し込みはウェブサイトから直接申し込むだけで、最寄りの支店などに足を運ぶ必要はありません。

 

申し込みボタンを押して、必要な申し込み情報を打ち込んでいけばいいだけです。web完結なので申込時間も限定されておらず、24時間受け付けています。

 

みずほ銀行に口座を持っている人、持っていない人で押すボタンは違いますが、申し込み方法は概ね同じです。また、みずほ銀行のキャッシュカードとカードローンのカードを兼用にするか、分けるかを選択することが可能です。

 

まずは簡単なカードローンの申し込みの流れです。申し込みボタンを押します。みずほ銀行の口座の有無に応じてボタンが違うので、よく読んでください。あとはフォームに従って必要項目を入力し、送信するだけです。

 

みずほ銀行に口座がすでにある場合はキャッシュカード兼用型が強制選択になるので、もしカードローン専用タイプを希望するのであれば「当行口座をお持ちでない方はこちら」のボタンを選択しましょう。

 

続いて審査があります。200万円までの限度額であれば、みずほに口座がある人は収入証明が不要の特典があります。審査が早くなるので、急ぎの方にはより有利になりますね。審査はみずほ銀行と保証会社が行います。また、場合によっては申し込み者本人に電話で問い合わせがされることもあります。

 

このときに連絡が取れないと申し込み自体が取り消されてしまうので、できるだけ電話は取れる状態にしておくべきです。審査結果がここで出るとメールで連絡が入ります。ただ、審査の状況により利用限度額から減額された設定になることもよくあります。

 

続いて、審査完了後の手続きに入ることになります。

 

審査完了から融資を受けられるまで

すでにみずほ銀行に口座を持っている人は登録用必要書類を送信します。送信先のURLは審査結果のメールに記載されています。このとき、みずほダイレクト(みずほ銀行のネットバンキング)を利用し、かつ限度額設定を200万円にしていれば、通帳を用意するだけで本人確認書類などは不要なまま契約が完了します。

 

もしみずほ銀行の口座を持っていなければ、郵送されてきた契約書類に記入して返送することになります。みずほ銀行ではカードローン契約にはみずほ銀行の普通預金口座が必要となっています。ですので、普通預金口座を開設してから契約書類に必要事項を記入して返送しましょう。

 

基本的にweb完結ですが、もし超特急でという場合はカードローンの契約書類、本人確認書類(免許証やパスポートなど)、年収を確認できる資料(利用限度額が200万円以下は不要)、届け印を持って、最寄りのみずほ銀行支店に行ってください。

 

契約が完了したら再度、メールで通知が来ます。契約内容確認書も郵送にて送られてきます。ただし、この内容確認書はキャッシュカード兼用型で申し込んだ人のみですし、支店などによって取り扱いの条件が違っているので、細かいことは店頭でチェックしましょう。

 

これにて、キャッシュカード兼用型を選択した人はキャッシュカードですぐに利用できるようになります。カードローン専用型では契約手続き完了から1〜2週間で手元に送られてきます。これがみずほ銀行のwebを使って完結するカードローンの申し込み方法になります。