カードローンの引き出しには時間が決められていて

みずほ銀行のカードローンで融資を受けるのはATMが一番簡単です。引き出しも返済もカード1枚でできるのです。その際に気をつけておきたいのは、限度額内なら何度も融資を受けられることから何度も何度も引き出しをしてしまうことです。

 

みずほ銀行のATMであれば、平日の普通の営業時間帯であれば利用料はかかりませんが、そのほかの時間帯は手数料が引かれます。回数を重ねるとそれなりの金額になるので注意したいところです。

 

まず、みずほ銀行ATMからの引き出す場合、月曜日は7時〜24時に引き出しが可能で、それ以外の日は終日融資を受けられます。手数料は平日は8時45分〜18時の間であれば無料。8時〜8時45分、18時〜23時は108円、それ以外の時間帯は倍の216円もかかります。

 

同ATMで土曜日は0時〜22時、日曜日は8時〜21時に利用できます。0時〜8時は216円の手数料、そのほかの時間帯は108円の手数料がかかります。コンビニATMは基本的に手数料がかかってきます。

 

平日は終日利用でき、土曜日は0時〜22時、日曜日は8時〜24時となっていて、平日の8時45分〜18時が108円(金融機関により無料の場合も)、そのほかの時間は216円です。土日は終日216円の手数料がかかります。

 

回数を重ねるとかなり大きな額になるのは間違いなさそうです。ですので、利用は計画的に行うことをオススメします。

 

お得なのはネットバンキングで融資を受けること

 

みずほ銀行のカードローンはATM利用では手数料がかかってくることが多いので、お得に融資を受けるためにネットバンキングを申し込んでおくことをオススメします。みずほ銀行のネットバンキングはみずほダイレクトですが、ここで振り込みにした場合はよりお得になります。

 

みずほダイレクトに登録しておけば預金口座の情報も自宅で確認できますし、振替なども対応しています。さらに、カードローンの借り入れ申し込みをすることもできるのです。みずほダイレクトで申し込んだ場合。借入金の振り込みは指定の口座になります。このときに手数料は一切かかりません。

 

最寄りのATMの銀行に振り替えをしたり、みずほ銀行のATMでキャッシュカードで引き出せば、手数料がかからないまま融資を受けることが可能になります。ただ、残念なのは土日祝日に利用できない点です。振り込みの申し込みなどは可能なのですが、実行されるのは翌営業日になるからです。とはいえ、時間制限はあるにしても手数料がかからないのは魅力ですね。

 

同時に返済もATMで可能ですが、これも時間帯により手数料がかかりますし、そもそも返済サービスが利用できない時間帯というのも出てきます。お得に返済をしていきたい場合はみずほ銀行の口座引き落としを申し込んでおきましょう。口座から勝手に支払いが済まされ、しかも手数料はかかりません。

 

手数料というのは必ずのちのちに響くほど、総額が大きくなりがちです。できるだけ無駄な出費を抑えながら、賢く融資を受けられる態勢を整えておきましょう。