キャッシュカード兼用とカードローン専用のカードがある

みずほ銀行のカードローンで借り入れる方法ですが、これはキャッシュカードとカードローン兼用型カードを利用するか、カードローン専用のカードを利用してATMから引き出します。

 

みずほ銀行に口座が元々ある人は申し込み時にそのままキャッシュカードを使ってATMから引き出しが可能です。ですので、もし審査があっという間に終われば、その日のうちに手元のキャッシュカードで融資を受けられるというわけです。

 

もしみずほ銀行に口座がなければ、カードローン申し込み時に口座開設も必須ですが、兼用にするか専用にするかを選択可能です。専用カードであってもATMで引き出しができることには変わりません。

 

審査通過で即日利用したい人にはキャッシュカード兼用型がいいでしょう。カードが何枚もあるよりは1枚でいろいろな機能があれば持ち歩くのにも便利ですしね。ただ、いろいろな管理の面ではっきりと使い分けたい人や、ちゃんと使い分けることに自信がない人は専用型にした方がいいかもしれません。まあ、これは好みの問題でしょう。

 

みずほ銀行に口座がすでにある場合は強制的に兼用型になってしまうのですが、別々にしたいという人は申し込み時のフォームに飛ぶボタンは「口座がない人」のボタンを押せば専用型を選択することが可能になります。

 

利用できるATMについては次の項で紹介しますが、カードさえあれば簡単に利用できるので、急ぎでお金が入り用になっている人はかなり便利になるかと思います。しかも、最大で1000万円の利用限度額の枠があるわけですから、なにかあったときに必ず役に立つことでしょう。

 

キャッシュカード兼用カードを利用できるATMとは

 

みずほ銀行のカードローンで利用できるATMを紹介します。キャッシュカード兼用だけでなく、カードローン専用型でも同じATMを利用できるので安心してください。

 

まずは、みずほ銀行自体のATMです。土日以外はほぼ終日利用できるので便利です。ただ、支店によっては施設自体の営業時間が終わっている場合は終日とはいきませんが。

 

終日、つまり24時間利用で便利なのはコンビニですね。昨今のコンビニATMはかなり便利です。センブンイレブンにあるセブン銀行のATMや、ローソンATMと看板が出ているローソンのATMも利用可能です。

 

また、イーネットのマークがあるコンビニも利用できます。ファミリーマートやデイリーヤマザキなど多数の店で利用できるものです。カードローン専用型であればほかにも提携金融機関のATMやゆうちょ銀行のATMも利用可能です。

 

ただ、提携金融機関のATMでは返済はできないので気をつけてください。返済ができるのはみずほ銀行ATMかコンビニATM、ゆうちょ銀行ATMになります。みずほ銀行のカードローンはこのように利用しやすい点もまた人気の理由のひとつです。




関連ページ

賢いATMの利用法